日創研経営研究会全国大会in岡山

岡山が生んだ偉人

明菴栄西

明菴栄西

明菴栄西(みょうあん えいさい/ようさい、永治元年(1141年) – 建保3年(1215年))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧。臨済宗の開祖、建仁寺の開山。天台密教葉上流の流祖。字が明菴[3]、諱が栄西。また、廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えたことでも知られる。
永治元年(1141年)吉備津神社の権禰宜賀陽貞遠の子として誕生。4月20日 または一説に25日と言う。生地は備中国賀陽郡(岡山県加陽郡は現在加賀郡吉備中央町)。

【引用元】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E8%8F%B4%E6%A0%84%E8%A5%BF